お知らせ

スタッフブログ

2020.11.17

不動産とは?その定義・超初歩的な知識

不動産は当たり前のように生活へ根付いていますが、そもそもどこからどこまでを不動産と呼ぶのか、考えたことのない方がほとんどだと思います。

今回は、不動産に携わる方も、不動産が気になっている方も意外と知らない初歩的な知識を解説していきます。

不動産の定義と動産との違い

不動産とは、大陸法系の民事法・国際私法などで用いられる概念です。

一言で言えば、土地や、それに付随する定着物のことを指します。

この考え方では、モノを不動産と動産に分けて考えています。

では、なぜ不動産とそれ以外で分類されているかと言うと、1つには歴史的な理由が考えられます。

資本経済が発達する前から、不動産は重要な資産と位置付けられていました。

日本でも、地域の経済力を石高(こくだか)という、その土地からとれるお米の収穫量で表していましたよね。

人が持つ資産の中でも不動産は別格と古くから認識された結果、このような分類がされたと考えられます。

また、不動産は移動することができない、年数の経過に応じて劣化するなど、他のモノと同じ法律を当てはめると合わないケースが多々あります。

そのため、性質を見て区別せざるを得ないというのも、分類された理由の一因と言えます。

土地と建物の関係性は日本と欧米で大きく異なる

土地と、その上に建つ建築物の関係性・結び付きをどう解釈するかは、国によって違いがあります。

日本の場合、土地と建物はそれぞれ個別の不動産と認識されています。登記事項証明書が土地と建物で1冊ずつ用意されているのも、こうした認識のためです。

一方で、欧米では、建物はその土地に属すると考えられます。そのため、土地の所有者=建物の所有者という認識になります。

日本のような法制度は珍しいので、注意が必要です。

不動産の定義はどこまで?民法・特別法の解釈

では、いったいどこからどこまでが不動産と呼ばれるのでしょうか?

多数の方が認識する不動産と言えば、以下のようなものだと思います。

  • 一戸建て
  • マンション
  • アパート
  • ビル
  • 土地
  • 農地
  • 山林
  • 店舗
  • 工場
  • 倉庫

ただ、屋根や壁で遮断された空間の中でも、自動車などは動産に含みます。

また、ふすま・畳など不動産の一部は動産と見なされます。

その他、立木や特定の不動産関連財団も不動産と見なされます。

不動産とビジネスについて

不動産の取引や経営は、世界中で大きなビジネスと認識されています。

不動産業は、以下のようなものがあります。

  • 不動産流通:不動産の売買・交換・賃貸に関わる
  • 不動産管理
  • ハウスメーカー

その他、以下のような資格を取得し、個人で活躍する方も大勢います。

  • 宅地建物取引士
  • 不動産鑑定士
  • 司法書士
  • 土地家屋調査士
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者

近年では、不動産とITを組み合わせた不動産テックという概念も生まれています。

不動産は固定資産なのか?

不動産は果たして固定資産なのでしょうか?

言葉が似ていて勘違いする方も多いですが、不動産と固定資産はイコールではありません。

例えば、オフィスの備え付け設備は会計上は固定資産ですが、法律上は動産です。

逆に、デベロッパーが所有している販売用不動産は固定資産と見なされないケースもあります。

不動産と環境問題について

大昔は不動産=地球そのものでしたが、20世紀に建築技術の発展、医療技術の向上、資本主義経済の発達などで急速に住宅・マンションが建てられ、その弊害として景観悪化や、環境問題が起こりました。

昔は問題ないという認識でも、後世になって問題が判明する土壌汚染やアスベストなどの例もあります。

人間は不動産とどう調和していくのかなども、今後考えなければいけない課題と言えます。

Others一覧へ
Fudousan Plugin Ver.5.3.3