お知らせ

スタッフブログ

2020.11.11

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安くする方法・リフォーム会社の探し方

老朽化してきた家は、リフォームをして価値に保ち、安全に暮らせるように維持しなければいけません。

この時にかかる費用は定価がなく、各リフォーム業者に見積もりをとらないと分かりません。

今回はリフォーム費用の相場と費用内訳、安くする方法などを分かりやすく解説していきます。

全面リフォーム(フルリフォーム)費用の相場は1000万円~1250万円

全面リフォーム(フルリフォーム)費用の相場

全面リフォームの費用は平均で1000~1250万円ほどです。

全面リフォームは、以下のような部分を丸ごと改修します。

  • トイレ
  • キッチン
  • 浴室
  • 洗面所
  • 外壁
  • 屋根
  • 外構・エクステリア
  • リビング

更に太陽光パネルの設置や、トイレを和式から洋式に変えるといった工程が入る場合、リフォーム費用は平均よりも高額になってきます。

リフォーム費用の相場を部位別に解説

リフォーム費用の相場を、部位別に紹介します。

これからリフォームをする方は、ぜひ参考にしてください。

トイレのリフォーム費用相場は20~50万円ほど

トイレのリフォーム費用相場

トイレのリフォーム費用は20~50万円が平均的です。

ただ前述の通り和式から洋式に交換をしたり、トイレ室内を拡張する工事をする場合は50万円で収まらないケースも多々あります。

キッチンのリフォーム費用相場は50~150万円

キッチンのリフォーム費用相場

キッチンリフォームの料金は50~150万円ほどです。

システムキッチンの交換は、最新式であればあるほど料金がかかってしまいますがおおよそ100万円以内で対応できます。

ただ、キッチン周りの拡大や、併せて給排水工事もおこなう場合は、100万円以上となります。

浴室のリフォーム費用相場は50~150万円

浴室のリフォーム費用相場

ユニットバスの工事は平均50~80万円ほどとなります。

それ以外の形式をユニットバスに変える工事は70~100万円ほどです。

洗面所のリフォーム費用相場は20~50万円

洗面所のリフォーム費用相場

洗面所のリフォームは20~50万円ほど。

多数の設備を導入するケースも少ないので、比較的安値で済みます。

シンプルな洗面所で済ませようと思ったら、20万円以下で抑えることも可能です。

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場は1坪当たり1万円から

外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

外壁塗装は塗料によって価格も変化します。

塗料のグレードによって価格が変わり、1坪1万2,000円からのものもあれば、2万円を超えるものもあります。

安い塗料を選ぶとまたすぐハゲてしまうこともあるので、どちらにするかは慎重に考えましょう。

屋根塗装・屋根リフォームの費用相場は100~150万円

屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

屋根塗装自体は大きな面積で、グレードの高い塗料だとしても100万円以内に収まるケースが多いです。

ただ、重ね葺き、葺き替えなどの場合は既存屋根の撤去費用がかかるため、150万円前後になるケースが多いです。

外構・エクステリアリフォームの費用相場は10~50万円ほど

外構・エクステリアリフォームの費用相場

門扉やフェンスなどの外構・エクステリアの部分は、一部だけ小規模な修繕をする際は10~20万円程度ですが、敷地全体にフェンスを設置するような場合は50~10万円になることもあります。

リフォーム費用の内訳・工期をケース別に解説

トイレリフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用工期(平均)
洋式から洋式への交換3~21万円半日~1日ほど
和式から洋式への交換15~57万円2~3日ほど
壁紙クロスのリフォーム2.5~4.5万円最大1日ほど
床材の張り替え1〜6万円最大1日ほど
便座交換・ウォシュレットの設置5〜10万円1~2時間
手洗い用カウンターの設置4~20万円1~3日
手すりの設置2〜18万円最大半日ほど
トイレの移動30〜60万円3〜5日
トイレの新設40〜100万円3〜5日

最近、タンク式トイレをタンクレスにしたり、自動開閉機能や自動洗浄機能を付けたりするケースが増えてきています。

トイレの進化は近年著しい上、トイレを良くしたら生活レベルが上がったという報告も多いです。

キッチンリフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用工期(平均)
コンロ・レンジフード(換気扇)・食洗機の交換や設置50万円未満2日ほど
キッチン全体を交換50〜150万円1週間ほど
キッチンの位置移動や配管工事200〜300万円2~3週間

キッチンリフォームや換気扇などの交換から、キッチンの階を1階から2階に移動させるものまであります。

また、キッチンの間取り変更にもI型、L型 ペニンシュラ型、アイランド型など様々あります。

浴室リフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用工期(平均)
ユニットバスの全体交換50~150万円4日ほど
ユニットバスへのグレードアップ60~150万円1週間ほど
在来浴室から在来浴室へ50~200万円最大1か月
浴室の拡張120~130万円ほど1週間~1ヶ月
浴室の移動・増築120~130万円ほど2週間~1ヶ月

お風呂のリフォームもリビングと同じく、断熱工事やシロアリ工事など、いくらでも需要に合わせてオプションを付けることができます。

状況に応じてリフォーム費用が変化しやすいので注意しましょう。

洗面所リフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用工期(平均)
洗面台交換や、壁紙クロス・床材リフォーム20万円未満最大1日
洗面台交換+内装一新20〜50万円最大3日
洗面台のグレードアップや収納棚などの設置50万円以上1週間ほど

洗面台のリフォームも最大で50万円以上かかってきます。

近年では内装を一新せず、既存の良さを生かしたリフォームが流行りです。

外壁塗装・外壁リフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用工期(平均)
小規模な補修・打替え最大30万円最大1週間
外壁塗装50~100万円最大2週間
外壁の新調100万円以上2週間~1か月

外壁塗装の工期は30坪前後の2階建て住宅なら7~10日前後となります。

加えて屋根塗装もおこなう場合は2週間ほど、そこにリフォームが加われば2週間以上期間がかかってきます。

屋根塗装・屋根リフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用(約30坪の建物で換算)工期(平均)
屋根塗装1階の床面積 × 係数(1.1~1.7) × 塗料価格(1,800~4,500円/㎡)4日~1週間
棟板金交換3~10万円1日ほど
雨樋修理3千~10万円1~3日ほど
雪止め設置3~80万円最大10日ほど
棟板金取り替え3~10万円
漆喰補修3~10万円1~3日間
スレート屋根差し替え1~5万円2週間前後
瓦差し替え1~5万円2日程度
雨漏り修理5~30万円最大3週間ほど

屋根リフォームにかかる費用は状態や依頼する業者によって大きく変わります。

しっかり見積もりを取っておきましょう。

外構・エクステリアリフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用(約30坪の建物で換算)工期(平均)
門柱・門扉約50万円前後5日ほど
敷地~玄関約70万円前後1週間ほど
玄関までのスロープ設置約40万円前後4日ほど
外周フェンス設置約80万円1週間ほど
ブロック塀の補修・交換1.5万円前後/㎡2日ほど
照明・ライティング約10万円1日ほど
カーポート・ガレージ設置約20万円(カーポート) 約100万円(ガレージ)約3日(カーポート) 約10日(ガレージ)
サイクルポート設置約15万円1日程度
屋外物置の設置約4万円1日程度
ウッドデッキ・サンルーム設置約3万円 /㎡3日程度

外構・エクステリアリフォームも範囲・規模によって費用や工期はかなり変わってきます。

カーポートなどは建物扱いになるケースもあるので、管理の際は注意しましょう。

リビングリフォームの費用内訳・工期

リフォームの内容各施工費用(約30坪の建物で換算)工期(平均)
クロスの張り替え (10帖)5〜11万円1〜4日
フローリングの張り替え (10帖)11〜20万円2〜5日
間仕切り設置8〜25万円1〜6日
リビング拡張40〜90万円1週間ほど
床暖房設置65〜110万円2〜4日

リビングは家族みんなが集まる場所なので、リフォームに力を入れる方も多いです。

おしゃれなデザインに出来るかどうかは業者の力量によっても変わるので注意しましょう。

リフォーム費用を安く抑えるコツ

複数社の見積もりを比較する

リフォームの見積もりは複数社に依頼し、結果を比較することをおすすめします。

価格が安いと言われる業者でも、あなたの家のリフォームをいくらで見積もるかは、実際に依頼してみないと分かりません。

そのため、必ず比較するようにしましょう。

また、見積もりを比較することで、どこの工事費が削れそうかも分かってきます。

補助金を積極的に利用すべし

長期優良住宅や自治体の補助金など、リフォームをお得にできる手段は意外とあります。

特に長期優良住宅化リフォーム推進制度では、国が最大300万円を補助してくれます。

リフォームを依頼する前に、こうした制度を比較してみましょう。

リフォーム業者を選ぶコツ

要望に合わせて柔軟な提案をしてくれるかチェック

業者が用意するサービスを選ぶだけでなく、要望に応じて柔軟にプランを合わせるのが良いリフォーム業者の特徴です。

希望・要望を叶える方向へしっかり業者が向いているか確認しましょう。

提示するプラン・料金が明朗かチェック

リフォームの工期がどんどん後ろ倒しにされたり、料金が見積もりより高かったりするケースは多々あります。

質問への回答は明確か、その後に条件が変わる可能性はないと断言してくれるかなどもチェックしておきましょう。

担当者が信頼できるかチェック

人には相性というものがあります。

リフォーム会社の担当者が信頼できるかどうかも十分チェックしておきましょう。

愛想が悪く身だしなみが悪くても仕事のできる職人タイプの業者もいますが、大切な住まいのリフォームをこうした“例外”に依頼するより、誰が見ても仕事のできる担当者に依頼したほうが安心です。

リフォームのデメリットも説明してくれるかチェック

少なくても高額費用がかかる他、リフォームにはデメリットも付いてきます。

つまる所リスクのないリフォームはなく、こうしたデメリットも全て教えてくれる業者ほど信頼できます。

保証・アフターサービスが充実している

絶対に安心なリフォーム工事はありませんし、工事が成功してもその後の経過で予想外な事態が起こるケースもあります。

こうした時に備えて、保証が充実している業者をおすすめします。

リフォーム業者を価格の安さ・工期の短さだけで選ぶのは危険

リフォーム業者はピンキリで、単に価格の安さだけで選ぶと雑な工事をされて、余計高くついてしまいます。

現実的な価格に比べて異常に低い見積もりを出されたら、逆に警戒をすべきでしょう。

常識的な範囲で費用が安く、かつ信頼できる業者を探していきましょう。何かご不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください!

Others一覧へ
Fudousan Plugin Ver.5.3.3